事前に読んでおくととても便利!女優オーディションに関する基礎知識の解説

これから女優オーディションに応募したければ、基礎知識として何らかの知識を身に付けておく必要があります。
女優オーディションに合格する人でも、なんとなく友達に勧められたので受けてみたところ合格したと言う話を聞くことがあるかもしれません。
しかしながら、そのような情報は特別な情報であり普通はそれを成し遂げることができません。
それ故、基礎知識としては必要最低限のものは持っておいた方が普通の人ならば有利になりやすいと言えるわけです。
では具体的にどのような基礎知識を持っておいたらよいのでしょうか。
女優オーディションを受けるにあたり知っておいた方が良い知識を見ていきます。

女優オーディションで必要なタイミング

いくら女優オーディションに受けるといっても、いつでも良いので受ければ良いと言うわけではありません。
やはりタイミングと言うものが必要になります。
タイミングというのは、有力な候補が出ていない時を狙うと言う意味もありますが、それよりも自分の中のタイミングの方が重要になってくるでしょう。
具体的に自分の中のタイミングと言うのはどのようなものかと言えば、まず年齢的なことになります。
年齢は、若い方が良いため後に先延ばしするのは避けなければいけないところです。

基本的に、演技力なども重要になりますが何より若い方が採用されやすいでしょう。
例えば20歳の女性と30歳の女性でどちらが採用されやすいかと言えば、より将来性のある20歳の女性に傾くはずです。
もちろん総合的に判断しているため、年齢だけで決まるわけではありませんが年齢も重要な要素の1つと言えるかもしれないです。

もう一つは、自分の能力を推し量ることが重要になります。
例えば、若いからといって演技力が未熟な段階で受けても受かるレベルに達していなければそれだけで不合格になってしまうわけです。
この演技力に関しては、磨こうと考えれば磨くことができるため時期尚早はやめておいた方が良いです。

あまり高いレベルのものは必要ない

女優オーディションに受ける人の中には、非常にレベルの高い人も存在するのも事実です。
まるで生まれ持った才能のように非常に上手な演技をするわけです。
もちろんその人も努力をしているかもしれませんが、生まれつきの才能を持っている人が努力をすれば、鬼に金棒と言っても良いかもしれません。
ただそのような人は、かなり例外的な人物のためあまり参考にならないケースが多くなります。
それよりも、自分の能力の中である程度高めておけば合格LINEに達すると考えて良いかもしれません。

具体的には、周りから上手だねと言われるレベルに到達しておけば充分と言えるわけです。
もちろんその人は今後それ以上に成長する可能性があるかもしれません。
そのため、ある程度成熟した段階でもまだ女優オーディションに行けるのは早いと言う評価もできます。
しかしながら、完全に成熟するのを待っていると10年ぐらい時間がかかってしまいそれこそタイミングを逃してしまいかねません。

このように考えると、ある程度能力が認められた段階で受けるのが良いでしょう。
テストで言えば、百点を取れるまで頑張るのではなく80点取れた段階でオーディション受けてみることが必要になります。

実力だけではわからないものもある

これからオーディションを受けるにしても、実力があれば合格出来る可能性は高いですが実はタイミングと言う意味において審査員との相性も重要になります。
よくある例ですが、1回目のオーディションに合格しなかったけども、他のオーディションを受けたら合格した話や2年目に受けたら合格したといった話もあります。
これは一体どのように考えたらよいか気になるところですが、1年経過した段階で受けた場合で合格したならば、もしかしたらその1年間で実力が伸びたともいえます。

しかしながら、あるところでは不合格になり他の所では合格をしていると言うのは、その人の体調の変化などがなければあるいは実力をどちらも出し切っていると考えるならば審査員との相性と言えるかもしれません。
実は審査員にも相性があり、これが実力だけで合格できない理由の1つになります。
小さいの中に、自分のことをよく見てくれる人がいなければいくら素晴らしい演技や発表したとしてもうまくいかない可能性が高まります。
しかし、自分のことを高く評価してくれる審査員が2人いるだけで、合格出来る可能性は高くなるわけです。

これは大学受験や高校受験などでも同じように、たまたまその試験問題と相性が良かっただけで実力以上の学校に受かるケースがあるのと似ています。

まとめ

将来女優になりたくて女優オーディションを受ける場合には、よほど能力がある人でない限り基本的な知識を身に付けて対策を立てておくことが必要です。
1つ目の知識として重要になるのは、オーディションを受けるタイミングになります。
タイミングがずれてしまうと、合格できるものを合格できません。
例えば、タイミングを大きく伸ばしてしまい30歳過ぎに受けたとしても年齢だけで不合格になるわけではありませんが著しく不利になるのは間違いのないところです。

一方で、審査員との相性があることも理解しておかなければいけません。
審査員との相性が悪ければ、実力があっても落とされる可能性があります。

おススメページ
女優オーディションに応募しようか決心を固めた方へ
芸能プロダクションのアイリンクは女優オーディションを開催中です