女優オーディションでの注意点

女優オーディションの服装のポイント

映画やドラマで活躍をする女優になるには、まず最初にオーディションを受けないといけません。
ここでは監督や脚本家などが勢ぞろいをしており、ほかの女優オーディションの参加者よりも目立つ必要があります。
まず服装や面接の仕方を見てくと、服装で清潔感を醸し出しているものをチョイスすることが大切です。
そして明るくて快活なものも好まれるので、この点に重点をおいたものを選びましょう。
カラーは赤や白の原色系がよく、大きなロゴやイラストがないものを選択するのが望ましいです。
一般的なのはツーピースのセットものですが、タイトスカート・パンツにシャツ・Tシャツを合わせるのも良いものとなります。
女優オーディションのなかには読み合わせだけでなく、即興劇を求められるものもあるのでなるべく動きやすいものを選択するようにしないといけません。
普段から着慣れているものを選べば、窮屈さを感じることもないのでそのアイテムを選択すると良いです。

面接では自分をアピールすること

女優オーディションで大切なことは、自分の素直な思いを率直に述べることです。
どうして女優になろうと思ったのか、どんな演技や作品を求めているのかをしっかりと伝えないといけません。
女優オーディションは通常、何千人もの女優候補が一堂に会して開催をされるので、如何にして審査員の印象に強く残るのかが採用のカギを握ります。
一人ひとりの持ち時間は5分程度と短いため、あらかじめ話をすることは頭の中でまとめておくことも必要です。
なかには話をするのが苦手という方もいらっしゃることでしょう。
そういうときは、特技を披露するのも一つの手です。
歌が好きな方なら、女優オーディションの制限時間すべてを使って歌唱表現をするのもおすすめです。
またはモノマネやマジックを披露なさる方もいます。
他の女優オーディションのライバルたちとは違ったことをおこなえば、それだけ審査員に強い印象をあたえることが可能となっているわけです。

まとめ

華やかな芸能界で活躍をする女優になるには、どなたでも最初は女優オーディションを受けないといけません。
ここでは簡単に女優イーディションを受けるための服装や面接の仕方を見ていきましたが、大切なのは審査員に対して好印象を与えつつ、他の方よりも目立つということです。
服装に関しては清潔感を醸し出しつつ、華やかさも兼ね備えているものが好まれます。
面接時は限られた時間で自己アピールをしないといけないので、特技などを披露するのも良いでしょう。

女優オーディションでデメリットになることとは

女優オーディションでデメリットになるビジュアル

競争率が高い女優オーディションを勝ち抜くには、デメリットになることつまり減点材料を減らしていくことが大切です。
具体的にはまずプロフィール写真を加工しすぎていることです。
プロフィール写真は自分を伝える大切な手段ですから、イメージをよくするために多少の加工をするのは問題ありません。
お化粧のようなものですし、映画やドラマの宣伝材料も加工をしてないものはほとんどありません。
しかし自分をきれいに見せたい一心で、加工度の高い写真を女優オーディションに提出すると大きな減点になります。
加工度が高いものは女優オーディションの主催者側の人なら一発で見抜きますし、実物とのギャップが大きくなるだけです。
デメリットにしかなりませんからやめましょう。
似ていますがメイクが濃すぎるのも問題です。
常にメイクを濃くする人は自己イメージに強いこだわりがありすぎて、与えられた役を務める能力が低いとみなされるのです。
控えめなメイクをして、柔軟な対応力をアピールしてください。

女優オーディションでデメリットになる書類

競争率が高い女優オーディションではライバルたちも、アピールになる書類を用意しています。
インターネットが発達した現在であっても、女優オーディションでは手書きの履歴書を求められることが多いです。
これは書類から志望者の人柄を知ろうという現れです。
デジタルデータを提出する女優オーディションであっても、この傾向はありますから十分な準備が必要です。
減点材料になるのはまず空欄が目立つことです。
第一印象が悪く、意欲が低いように感じられるのです。
特技と呼ぶほどのことでなくとも、なんとか埋めたほうがいいでしょう。
競争率の高い女優オーディションで落選が続いているならば、よくある項目はアピール度が高いものを用意できるように努力してください。
次に自己PR欄が弱いのも問題です。
日本人は謙虚さを大切にする部分がありますが、はっきりと自己PRを求められたら堂々とPRして問題ありません。
ただ謙虚なだけで選ばれることはないと思ってください。

まとめ

競争率が高い女優オーディションをパスするためには、プロフィール写真の過度な加工と濃すぎるメイクがデメリットになります。
自己イメージにこだわりすぎているのが伝わると評価が低くなるのです。
書類関係では空欄が目立つことと自己PRの弱さが減点材料です。
意欲があるのをアピールするために、魅力のある情報で項目を埋めていくようにしてください。
書類作成時だけでなく、普段から努力をしておくことが大切です。
また自己PRに謙虚さは必要ありません。

女優オーディションを受ける前に知っておきたいこと

女優オーディションに伴って発生する費用

女優オーディションを初めて受けるときは、分からないことが多くあるでしょう。
その中でも特に疑問を感じやすいのがレッスン費用に関する事柄です。
女優として採用されるので、自分が支払う側になるとは考えていない人も少なくありません。
しかし、実際にはレッスン費用という名目で支払いを求められるケースもあるのです。
これは養成所が行っている女優オーディションで多く見られるパターンです。
まだ舞台に立つ実力はないけれども、将来的なデビューを想定して採用します。
そのための指導を施すことが前提となっているので、必然的にレッスン費用も生じるというわけです。
金額は女優オーディションの主催側や受けた人の実績などで変わります。
調整だけで済むと判断された場合は、受ける回数が少なくて無料に近い場合もあるでしょう。
一方、数カ月におよぶ長い期間のレッスンを想定しているケースもあり、この場合は10万円を超える可能性もあるので気を付けましょう。

女優オーディションごとに異なる条件や流れ

女優オーディションに合格したからといって、必ずしもデビューできるわけではありません。
前述の内容にも関係しますが、レッスンを経て十分な成長が見られた場合に限定されるケースもあります。
ポテンシャルを重視して合格させても、最終的に花が開かないこともあるといことです。
ですから、合格はあくまでもスタート地点に立つための資格に過ぎません。
この事実を知っておかないと、せっかく採用されても肩透かしを食うことになるでしょう。
レッスン費用をあらかじめ用意するなど、先を見通したスタンスで挑戦することが求められます。
条件付きで採用するケースが増えており、いわゆる見習いとして下積みを送ることが一般化してきました。
その場合は、女優オーディションの募集要項にも詳細が記載されています。
さまざまなタイプの女優オーディションがあるので、一括りにせずに条件や流れを把握しておきましょう。
たくさん受けていると混同しやすいので注意が必要です。

まとめ

女優オーディションは、知識の有無により合格できる可能性が大きく変わります。
レッスン費用が発生することもあるなど、知らないと後で焦ってしまうようなケースもあります。
いずれにせよ、女優オーディションに関する詳細を早い段階で理解しなければなりません。
数をこなすことも合格には必要ですが、個々に対して完璧な対策をしておくことも大切です。
そのため、分からない点があったら事前に主催側に問い合わせると良いでしょう。
それぐらいの意欲と積極性を持って臨むことが必要です。

女優オーディションを受けるメリットとは

成功するチャンスがある

女優になるためには、演技や発声、ダンスなどのレッスンをして実力をつけることが大切です。
とはいえ、いくら練習をしていても、その実力を誰かに認めてもらえないことには、女優として活躍することは期待できません。
スカウトなどで短期間でスターになる人もいますが、そうしたチャンスは頻繁に訪れるものではありません。
女優デビューを目指すなら積極的に行動することも大事です。
女優オーディションに参加すると、主役の座を勝ち取れる可能性もありますし、主役ではなくても良い役が得られるチャンスもあります。
女優オーディションを受けるメリットは、なんといってもチャンスの多さがあげられます。
女優オーディションに参加しても、すべての人が合格できるわけではなく、不合格になる人もいます。
一回の女優オーディションに落ちたからといって、それで女優になる道が断たれるるわけではありません。
オーディションは頻繁に行われているので、チャンスの多さはやはり魅力です。
多くの女優オーディションで経験を積むことは、さらに実力をアップすることにもつながります。

自分に合う役を見つけることができる

女優オーディションに落ちてしまった場合は、実力が不足していると考える人もいるかもしれません。
確かにそうした例もありますが、容姿が優れていて演技力もある人でもオーディションに落ちてしまうこともあります。
その理由には、応募していた役柄と本人が合っていないことも考えられます。
複数回オーディションを受けることで、どのような役が自分に合っているのかもわかりやすくなります。
そして、オーディションでは、自分の魅力をしっかりとアピールすることも大事ですが、女優オーディションに慣れていない人は、自分の魅力を審査員に十分に伝えられない場合もあります。
回数をこなすことで、自分のアピールポイントもわかりやすくなりますし、数をこなすことで緊張せずにリラックスして参加できるようになります。
大手芸能事務所のオーディションに合格すれば、サポートもしっかりとしていますし、新人にもチャンスが巡ってきます。
宣伝にもお金をかけてくれるのでチャンスの多さは抜群といえるでしょう。

まとめ

女優になるためには、演技の勉強をするなどでしっかりと実力をつけることも大切です。
とはいえ、実力はあっても、その魅力をしっかりとアピールできないことにはデビューのチャンスもめぐってきません。
成功のきっかけをつかむなら、女優オーディションに積極的に参加することも考えてみましょう。
合格とは限らず、不合格になる可能性もありますが、何度も受けることでアピールポイントや、自分に合う役どころなども分かりやすくなります。