女優オーディションでの注意点

女優オーディションの服装のポイント

映画やドラマで活躍をする女優になるには、まず最初にオーディションを受けないといけません。
ここでは監督や脚本家などが勢ぞろいをしており、ほかの女優オーディションの参加者よりも目立つ必要があります。
まず服装や面接の仕方を見てくと、服装で清潔感を醸し出しているものをチョイスすることが大切です。
そして明るくて快活なものも好まれるので、この点に重点をおいたものを選びましょう。
カラーは赤や白の原色系がよく、大きなロゴやイラストがないものを選択するのが望ましいです。
一般的なのはツーピースのセットものですが、タイトスカート・パンツにシャツ・Tシャツを合わせるのも良いものとなります。
女優オーディションのなかには読み合わせだけでなく、即興劇を求められるものもあるのでなるべく動きやすいものを選択するようにしないといけません。
普段から着慣れているものを選べば、窮屈さを感じることもないのでそのアイテムを選択すると良いです。

面接では自分をアピールすること

女優オーディションで大切なことは、自分の素直な思いを率直に述べることです。
どうして女優になろうと思ったのか、どんな演技や作品を求めているのかをしっかりと伝えないといけません。
女優オーディションは通常、何千人もの女優候補が一堂に会して開催をされるので、如何にして審査員の印象に強く残るのかが採用のカギを握ります。
一人ひとりの持ち時間は5分程度と短いため、あらかじめ話をすることは頭の中でまとめておくことも必要です。
なかには話をするのが苦手という方もいらっしゃることでしょう。
そういうときは、特技を披露するのも一つの手です。
歌が好きな方なら、女優オーディションの制限時間すべてを使って歌唱表現をするのもおすすめです。
またはモノマネやマジックを披露なさる方もいます。
他の女優オーディションのライバルたちとは違ったことをおこなえば、それだけ審査員に強い印象をあたえることが可能となっているわけです。

まとめ

華やかな芸能界で活躍をする女優になるには、どなたでも最初は女優オーディションを受けないといけません。
ここでは簡単に女優イーディションを受けるための服装や面接の仕方を見ていきましたが、大切なのは審査員に対して好印象を与えつつ、他の方よりも目立つということです。
服装に関しては清潔感を醸し出しつつ、華やかさも兼ね備えているものが好まれます。
面接時は限られた時間で自己アピールをしないといけないので、特技などを披露するのも良いでしょう。

カテゴリー 基礎知識 タグ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。