女優オーディションでデメリットになることとは

女優オーディションでデメリットになるビジュアル

競争率が高い女優オーディションを勝ち抜くには、デメリットになることつまり減点材料を減らしていくことが大切です。
具体的にはまずプロフィール写真を加工しすぎていることです。
プロフィール写真は自分を伝える大切な手段ですから、イメージをよくするために多少の加工をするのは問題ありません。
お化粧のようなものですし、映画やドラマの宣伝材料も加工をしてないものはほとんどありません。
しかし自分をきれいに見せたい一心で、加工度の高い写真を女優オーディションに提出すると大きな減点になります。
加工度が高いものは女優オーディションの主催者側の人なら一発で見抜きますし、実物とのギャップが大きくなるだけです。
デメリットにしかなりませんからやめましょう。
似ていますがメイクが濃すぎるのも問題です。
常にメイクを濃くする人は自己イメージに強いこだわりがありすぎて、与えられた役を務める能力が低いとみなされるのです。
控えめなメイクをして、柔軟な対応力をアピールしてください。

女優オーディションでデメリットになる書類

競争率が高い女優オーディションではライバルたちも、アピールになる書類を用意しています。
インターネットが発達した現在であっても、女優オーディションでは手書きの履歴書を求められることが多いです。
これは書類から志望者の人柄を知ろうという現れです。
デジタルデータを提出する女優オーディションであっても、この傾向はありますから十分な準備が必要です。
減点材料になるのはまず空欄が目立つことです。
第一印象が悪く、意欲が低いように感じられるのです。
特技と呼ぶほどのことでなくとも、なんとか埋めたほうがいいでしょう。
競争率の高い女優オーディションで落選が続いているならば、よくある項目はアピール度が高いものを用意できるように努力してください。
次に自己PR欄が弱いのも問題です。
日本人は謙虚さを大切にする部分がありますが、はっきりと自己PRを求められたら堂々とPRして問題ありません。
ただ謙虚なだけで選ばれることはないと思ってください。

まとめ

競争率が高い女優オーディションをパスするためには、プロフィール写真の過度な加工と濃すぎるメイクがデメリットになります。
自己イメージにこだわりすぎているのが伝わると評価が低くなるのです。
書類関係では空欄が目立つことと自己PRの弱さが減点材料です。
意欲があるのをアピールするために、魅力のある情報で項目を埋めていくようにしてください。
書類作成時だけでなく、普段から努力をしておくことが大切です。
また自己PRに謙虚さは必要ありません。

カテゴリー 基礎知識 タグ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。